検索
  • 有我 公博

体作りをシンプルに(2)筋肉編

前回の記事の追加で体作りの筋肉をつけていこうという部分のお話をします。 筋肉はもちろん運動をして栄養があれば成長します。 どのようにしたら一番効率よく体作りができるか。 効率というのは結果があって結果までの過程の効率よさを指すと思います。 さて、体作りで筋肉をつけていく上で、よく、女性の方が筋肉つけたくないといわれる人もいます。 実際に今そう思っている人もいるんじゃないでしょうか? まず、基本的に女性は筋肉は簡単には太く成長していきません。なので心配しないで! とも言われたことがあるんじゃないでしょうか? 事実ではありますが、姿勢的に変な使い癖があると筋肉が太く見えてしまいます。 多いのが、ふくらはぎや前もものはり。 これ以上脚を太くしたくない!という人は沢山いますよね。 例えばスクワットをしてもらったとしてもそんな人は前ももやふくらはぎに負荷をかけるような体の使い方をしています。 使い方を正せばもも裏、おしりがもっと使われ、前もも、ふくらはぎは使う機会を減らすことができます。 そうなれば、見た目は脚がすごくすっきりしますが、サイズはあまり変わらないという事がよくあります。 それは ふくらはぎ、前ももでマイナス2と裏もも、お尻でプラス2だとしたら0ですね。 でも見た目は全然ちがいます。 このことから何が言いたいかというと。 筋肉をつけましょう!というのは足りない部分に対していっている言葉です。 無駄使いして太くなっている部分はすっきりさせられます!(僕なら) これを理解せずにただ運動を教えているトレーナーも今は沢山います。変に鍛えても自分の太いところがどんどん太くなるかもしれません。 そして 使い過ぎている 筋肉も、使われてない筋肉も改善することができたら、代謝はしっかり働きます。 自然と太りにくい体に変わります。 そして体作りをシンプルに!というのをまとめると 脂肪を燃やす!のと筋肉をつける!の二つの要素の組み合わせです



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

自宅で出来る筋トレ

自宅で出来る筋トレでどこまで効果がだせるか? オンラインで自宅指導がメインになると、ダンベルやバーベルなどの重りは基本的にもっていない人が多いです。 そんな方へのメニュー提供は姿勢を見て判断したうえで短縮している筋肉をストレッチさせ、かつ使われていない筋肉を使えるようにする運動を指示しています。 一番多いのは、座っている時間が長い方はみんな短くなっている腸腰筋、それのつながりで大腿四頭筋