検索
  • 有我 公博

効率のいい運動とは、結局何が一番痩せる??

効率よく痩せるという観点(今回は運動)でお話します。 よく、筋トレと有酸素どちらが痩せるか?という質問があると思いますが、これに正確に答えるのはしっかり理解してほしい事がいくつかあるので、興味あれば読んでみてください。 あっさり書くので難しくないようにします! 有酸素運動

メリット 長い時間動き続けるので運動中の脂肪燃焼効果高い 場所を選ばないので、続けやすい人には続けやすい。 お金がかからない デメリット 長い時間やることがしんどい 筋肉が落ち、痩せるけどかっこよく痩せない(マラソン選手のような体)

メリット 時間が短くても効率よくできる 筋肉は増やせるので、カッコよく痩せられる 運動後も続く脂肪燃焼効果がある デメリット ジムの会費などがかかる 知らないでやると太くしたくない所も太くなる可能性 簡単にメリットデメリットあげてみました。 でも一番大事なのは続けること続けられるモチベーションがあること。 なので好きなほうを選べばいいと思いますが、効率がよく、カッコよく痩せられ、リバウンドもしないのは筋トレして痩せるほうです。 どちらでもいいやという人は筋トレを選択してください。 脂肪燃焼の観点だけでも、詳しくはまた書きますが、有酸素は基本的に運動中の分しか燃やさないのに対し、筋トレは運動後も代謝があがった状態が続くため、脂肪の燃焼効果は高いです。 よく筋トレのあとに有酸素をすると痩せやすいといわれます。それはまちがってはなくて、脂肪を燃やす準備ができているという意味です。 ですが有酸素はやりすぎると筋肉を落としてしまいます。30分程度までにしておきましょう。 一番は継続できること!どんな形でもいいので続けられる運動を見つけましょう。

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

自宅で出来る筋トレ

自宅で出来る筋トレでどこまで効果がだせるか? オンラインで自宅指導がメインになると、ダンベルやバーベルなどの重りは基本的にもっていない人が多いです。 そんな方へのメニュー提供は姿勢を見て判断したうえで短縮している筋肉をストレッチさせ、かつ使われていない筋肉を使えるようにする運動を指示しています。 一番多いのは、座っている時間が長い方はみんな短くなっている腸腰筋、それのつながりで大腿四頭筋

© 2023 by PERSONAL TRAINER(著作権表示の例)Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now