検索
  • 有我 公博

反り腰からくる腰痛や姿勢などの問題

反り腰です。という方は多いですし、意外と自覚されている方も多いなと思うのが僕の感想です。 でも実際にそれを治そう!とスイッチ入って取り組んでいる人はいないといってもいいくらいではないでしょうか? ジムでトレーニングされている方はもしかしたら意識されているかもしれませんね。 ダイエットもそうですが、決意して実際に行動して、それを継続するというのはエネルギーがいりますよね。なんとなくやってるだけでも痩せられないし、体は思うように変化しません。 しっかり何かに取り組む!というのが必要で、そこにはしっかり意識することが大事だと思います 少し話がそれましたが、反り腰も同じでしっかり反り腰!と自覚することから始めないといけないです。 反り腰では ぽっこりお腹、腰痛、脚の形の崩れ、お尻が垂れるなどの悪影響を体に与えます。 反り腰とは何が悪いか体験してみましょう。 できれば鏡で見ながらできるといいです。自分の感覚と実際の動きは少し違いますので、 すごくきれいにお辞儀してみてください。上半身はまっすぐをキープしたままです。 反り癖がある人は反って体を起こしてきたり、お辞儀するときも、骨盤が倒れずに腰が丸くなってしまったり、逆に腰を反りすぎてお辞儀したりしてしまいます。 どうですか?意外とまっすぐ保つの難しくないですか? 腰の骨が反ったり、曲がったりするのがそこまで悪い事ではありませんが、本来臀部の筋肉や腹筋をもっと使ってやるべき動作を腰が奪ってしまうと、腰は頑張りすぎて疲れるし、使われない筋肉は衰えるという事になります。 スタイルが崩れる理由が少しでも伝わればいいと思います。 下の画像は反り腰の方の立ち方の特徴です。言い立ち方ではありません、


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

自宅で出来る筋トレ

自宅で出来る筋トレでどこまで効果がだせるか? オンラインで自宅指導がメインになると、ダンベルやバーベルなどの重りは基本的にもっていない人が多いです。 そんな方へのメニュー提供は姿勢を見て判断したうえで短縮している筋肉をストレッチさせ、かつ使われていない筋肉を使えるようにする運動を指示しています。 一番多いのは、座っている時間が長い方はみんな短くなっている腸腰筋、それのつながりで大腿四頭筋

オンライントレーニングで体は本当に変わる?

オンライントレーニングでどこまで体が変えられるのか? それは本当にお客様のモチベーション次第です。 正直直接ジムで指導できる訳ではないので、トレーニングを実行するという強制力がないためご自身で継続していただく必要があります。 ですが、毎回動画を送って頂くことでフォームの確認と共に運動したことの報告にもなるため、やったかどうかが先ずわかります。 報告することで意識が変わっていき、自分